初心者の方はまずASP選びが大切になってきます。

最終更新日:2018年08月18日

初心者がアフィリエイトで稼ぐには何をすればよいか

ノートからでてくるマーク

アフィリエイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。それは「成功報酬型広告」のことで、お客さんに広告をクリックしてもらうことで、管理人に収益が発生するシステムのことです。

いわゆる「アフィブログ」というのはこれを略した言い方で、記事を書いて訪問者を集め、その訪問者が広告をクリックすれば、広告表示回数に応じた収益が発生し、広告を掲載している管理人に収益が入る仕組みとなっています。

広告収入で月々の収益を上げようとするならば、自分のサイトやブログの人気を上げることが第一です。

ネットで、一定の収益を稼ごうとするならば、自分の体験談や人気のある記事をいくつか書き、それがネット上で人気が出れば、必然的に人が集まります。人が集まる場所ができるということは、それだけ広告を見てもらえる機会が増えるということです。そうすると、広告のクリック率も上がります。

クリック数が増えたら広告収入が上がるため、個人でも月に3万円ぐらいはお小遣い代わりに稼げる可能性が大きくなります。

稼げない人の特徴というのは、広告を貼っていてもブログ記事やサイトコンテンツがモノになっていないサイトは、広告収入を稼ぐどころではありません。はっきり言いましょう。ブログやサイトは3年間、毎日続けて収益が上がる「かもしれない」ものなのです。だから初年度は収益がゼロでも当たり前の世界なんです。

毎日コンスタントにブログを更新し続け、3年間更新をして広告も貼り続け、ブログとしての価値を上げ続けていかないといけないんです。大抵、そこまで行くのに初心者は諦めてしまいます。だから稼げないのです。

アフィリエイトは、「時は金なり」を地でいきます。時間をかけてブログを育てれば、その結果はきっと収益に変わることでしょう。テクニックが足りていないのも、重要です。

ブログサービスは追記を搭載しているところがほとんどなので、「それでは、この続きは追記に書いていきます…」など、テレビでよく見る「この後すぐ!」のような煽りをうまく入れることも重要です。読者に「読ませたい」と思う文章かどうか、それが大切です。読みたくもない文章を延々と書かれていても、それは読みたい文章にはなりません。

稼いでいるブログはそれなりに文章構成を考えているものなのです。初心者がブログで稼ぐのは難しいことですが、決して困難な道ではありません。時間をかけ、ブログを育て上げていけば、きっとそれはかけがえのない宝物となることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です