初心者の方はまずASP選びが大切になってきます。

最終更新日:2018年10月20日

将来の不安からアフィリエイトを始めました

電卓とお金とグラフ

アフィリエイトを始めたのは、将来の不安からでした。その頃は、新卒で入った会社の業務体系が良くなく、このままこの会社に勤めていていいのか、と不安に感じていました。

先輩にも相談をしてみましたが、あまり良い情報も得られず、ただ不安を感じたまま仕事をしていた状況でした。そして、サービス残業を強要させられ、残業を記録したカードの書き直しを要求されたときに、会社を辞める決断をしました。転職エージェントに会いに行き、転職を検討しました。

しかし、年収が若干下がってしまうとのことだったので、この先どんなことが起こったとしても自分だけで稼げる手段がなければならない、と感じて手っ取り早く浮かんだのがアフィリエイトです。

お金に対して漠然とした不安を感じていましたし、PCひとつで稼げるのはすごく魅力的です。そう思いながら、アフィリエイトを始めました。元々、職業はプログラマだったのでサイト構築やSEO対策などはすんなりと受け入れることが出来ました。

しかし、何事もそう簡単にうまくいくわけではありません。始めてからしばらくは、全然稼げずに色々な変更を加えては修正をする試行錯誤の日々が続いています。中でも難しいのは、商品のPR文章です。

私はどちらかというと、理系ですので文章を書くのがあまり得意ではありません。しかし、商品PR文がしっかりと魅力的でなければ。商品は売れません。売り上げにならないのです。ですので、片っ端から文章の書きかたの本やサイトを見て、いちから文章の書きかたを勉強しました。

そんな日々が半年ほど続いたころには、月5000円~8000円ほどはアフィリエイトの収入が出てきたと思います。この話をすると、10000円にも満たないんじゃ、アルバイトをしたほうが早いじゃないか、と言われたことがあります。

しかし、この収入は私が遊んでいるときでも、勝手に発生してくれる収入です。もっと効率よく出来れば、この収入をもっと増やしていくことも出来ると思うのです。

何より、何もしなくても収入が発生するというのは、気持ち的にも楽になるというか、精神衛生上救われる部分もあります。

まだまだアフィリエイトだけで生活するには程遠いですが、いずれはそれだけで生活が出来るほどの収入が得られればいいな、と思います。最初は暗中模索という感じで、先が見えず辛かった部分もありますが、今ではサイト構築や文章作成も趣味の一つという感じで、楽しみながら出来ています。アフィリエイトに飛び込んでみてよかったな、と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です